より詳しい自己紹介

自己紹介2

 

 

こんにちは、ブログ運営者の名前は樫田 真志(かしだ
 まさし)=カシックス時給19円と申します。
 
いきなりですが絵や菜食主義者はいいね~、
と今はよく思うようになったわ。

数年前から美術の絵を描いたり菜食主義者(ベジタ
リアン)になり、
現在は自宅で絵を描いたりベジタリアンの生活をしているねん。
他にはWEBビジネスの勉強をしたりととても忙しい日々を
送っているわ。

私は現在40代ですが20代の前半に体に重い不具合が起き、
20年以上もしっかりと生きたり生活出来ずに生きてきたん。

仕事は体が悪い為にちゃんと働けず、長短期の様々な職種
のアルバイトを経験したわ。

現在はお陰様で体の具合も大分良くなり物事も以前より
しっかり考えられるようになったねん。
本当に10年以上も体と心がとても悪く体調もずっと酷く
健常者並みには程遠い健康状態でしたが、
たぶん美術とベジタリアンのお陰で体が良くなってきた
ような気がする。

けれど私は本当に長い期間体が非常に酷く悪かったんや。

黒色時代の始まり

自己紹介2

 

人生に陰りが見え始めたのは小学校高学年位からだった
と思う。
中学校では何故か学校に馴染めず中学三年生の時には
いじめに遭ったわ。

高校生では状況はもっと酷くなりクラスでは孤立しており、
他人の目を気にして昼休みは教室で一人で過ごす事が出来ず、
行きたくもない図書室で一人ビクビクしながら孤独に
過ごしていたわ。
高校時代の三年間は友達はおらず、
学校では周りに沢山の人(生徒や先生)がいるのに何時も
孤独感があったわ。

高校卒業後は二浪して美術大学に行ったねん。
実りの多い大学生活の筈でしたが、
その後の人生に非常に大きな影響を与える決定的な出来事が起きたわ。
それはその後の人生が地獄へと変わる最悪な出来事やった。

 

地獄生活→そして光を少し掴む

自己紹介2

 

大学二回生(22歳)の春休みに夕方友達と散歩中に偶然
人面樹を見た。
人面樹というのは木の幹などの部分が人の顔の様に見える
部分がある木を人面樹といい、
人面魚などの様に人面○○~は当時流行っていた。
当時私はそういう物をとても怖がって恐れる様な人間でしたので
、人面樹を見た時は非常に恐怖しましたし、
人面樹を見てしまった事は相当なストレスだったと思う。

その事が原因なのか引き金になったのかは解りませんが、
その日の夜に突然非常に辛すぎる体の不具合を発症したわ。
人面樹を見た恐怖心や今までに自分の中に溜め込んだ
ネガティブな思いやストレスが一気にドバーっと爆発
して吹き出たのかもしれない。

その不具合の症状は、頭の中辺りに「死ね」「殺す」「殺せ」
などの言葉や酷い暴言や否定的な言葉が凄く大きな音量で
連続的(連呼)にひっきりなしに聴こえたり聴こえる様な感じ
がするという様なものやで。
頭の中はその余りにも怖い暴言で埋め尽くされ訳が解らず
パニック状態になったわ。
他人を見ると見た人を「殺せ」などと命令口調で頭の中に響き、
もしその言葉に乗ってしまうと人生が終わってしまいますし、
その残虐な暴言はとても自分の本心だとは思えない事も
感じていたわ。

精神科の病院で「精神分裂症(後に統合失調症)」と診断
され大きなショックを受けたわ。
その後通院していた病院の医者の腕が悪く処方されていた
精神薬の副作用で体が非常に悪くなり、
病気の症状と薬の副作用の苦しさから自殺未遂を起こしたわ。
そして遂に体がカチカチに固まって自分では動けない状態
になり入院した。

その後退院しましたが体の不具合部分(統合失調症)と
服用していた精神薬(途中から服用を辞めた)の副作用
が原因で20年以上体と心の状態が非常に悪いわ。
不具合が原因でまともに考えたり行動したりする事が
出来ず普通以下の生活を20年以上送っているねん。

ちなみに不具合を発症時に西洋医学の精神科の医者に病名を
「精神分裂症(後に統合失調症)と診断されたわ。
西洋医学以外の東洋医学や他の治す方法を受診時は体の
不具合部分を統合失調症とは診断せず、不具合の原因も
西洋医学とは全く違う考え方やった。
私としては体の不具合は統合失調症ではない様な気がしますので
、統合失調症とは言わずに体の不具合と言っているわ。

 

22歳で体の不具合を発症して30歳代で美術の絵を
本腰を入れて描く様になり絵が売れる位までになった。
絵のお陰で体の不具合の苦しさを大分乗り切れている。
30歳代で菜食主義者(ベジタリアン)になり、
そのお陰で体の具合が大分よくなったわ。
体の不具合で人生がとても苦しかったけれど絵と
ベジタリアンのお陰で大分救われた。

 

乱れ食 

自己紹介2

 

世間では食が非常に乱れていて多くの人が健康を害したり
地球環境が悪化していると感じている。

世界(日本を含む)では食品添加物や農薬などを使用した
食べ物や加工食品や嗜好品や砂糖を多く使った食品が
溢れていますが、
それらを食べた人は目に見えない形でも身体に悪影響を
受けて健康を害している様に感じる。
それらは農薬を使ったり商品の過重包装でゴミが多量に
出て地球環境を悪化させている。
地球環境が悪くなれば地球上の人も人以外の生物も
正常に生きにくくなる。

 

私はベジタリアン(菜食主義者)になってから食生活が
大きく変わった。
ベジタリアン以前は添加物や農薬使用の食品、嗜好品、
肉、魚、卵、乳製品などを普通に食べていましたが、
以降はそういったものを全くや大分食べなくなりました。
そのおかげで長い間体の具合が非常に悪かったのが大分良く
なってきたと感じている。
体重はベジタリアン以前と以降では10キロ減少した。
ベジタリアンになってからは地球環境に関心が出てきて、
例えばゴミを余り出さなくなったり、
地球環境になるべく負荷の無い生活を心がける様機会が
多くなった。

 

私はこういった自分の経験から自身のブログや芸術作品を通して食や地球環境について
良くないと思っている方向を少しでも修正して、苦しんで
いる地球、動植物、人以外の生物、人の苦しさが少しで
も緩和され、地球や生き物が面白く生きてるぞーっていう感じで生きれたらいいなと思う。 

 

絵面白いやん

自己紹介2

 

美術の絵を描く事を多くの人が気軽に楽しめたらいいのにな
と思う。
私は身体にある不具合部分により20年以上苦しんで
きましたが、
絵や絵を描いているお陰で凄く救われ、癒される。
絵を描く事は面白く、心が豊かになり、他人に喜んで
頂く事が出来る良いものやわ。
現状は絵を描いたり美術を楽しむ事を多くの人はして
いないので、
そういう人達が絵を描き絵に触れてそれをしていない時
よりも豊かで面白く生きれたらいいのになと思う。

一般的に絵を描く事は簡単には出来る事では無くその事
は敷居が高い様に感じる。
また絵や美術への関心が無い人は自然には中々そういう
ものに興味は湧かないと思う。
確かにある程度の質の絵を描くには、ほとんどの人は描く方法が理解
出来たり練習をしないと中々描く事は出来ないと思います
ので、中々絵との距離が縮まらないかも。
でも絵を描かない触れないよりは描けたり触れたり
出来た方が人生は面白いかも。
また私の様に絵があるお陰で苦しい事が乗り切れる場合がある。

 

私はある程度の質の絵を数年間は描き続けた経験から、
絵の面白さや良さなどをそれをしてい無い人よりは
知っていると思います。
その経験から世間の絵に対する取っ付きにくさを少しで
も緩和して、
多くの絵と無関係の人が絵や絵を描く面白さに触れら
れて人生が豊かで面白くなれば良いなと思う。

 

このまま・・・・ 

自己紹介2

 

先にも触れましたが、現代の世の中の多くの人々の食生活は添加物や農薬使用
や多くの砂糖使用の食品、加工食品、嗜好品などを
食べて身体の健康を大なり小なり害していると感じる。
もしこのままの状態で行くと人の体と心の健康状態は
中々良くはならないと思う。

そういった食品は農薬や添加物を使用し工場で生産され
エネルギーを多く使ったり、
過重包装で大量のゴミを発生させ地球環境に多くの負荷
を与えていると感じる。
もしこのままの状態でこの先も行くと地球環境はどんどん悪化して、
人も人以外の生物も普通にも生きていきにくくなり地球は壊れてくと思う。

ですので私のベジタリアンになる以前と以降の体験や
知識などを元にしたブログなどの発信に触れられた人が、
健康で人も地球も喜ぶ食生活や地球環境についての事を
知られて知識や考えを広げられて、
その事がより面白い日常を送られる付け足しになれば幸い
やわ。

 

絵については興味が無くても描か無くてもその事は個人
の自由ですので全然問題は無いわ。
けれど絵に興味が無い、描か無い、描け無いよりかは、
興味があり、描いたり描ける方がプラスαで面白く
生きられると思う。

先のも触れたけれど、絵について私は過去に描いたり展覧会をしたりなどの
経験を数年間しており、
そうしていない人よりは少しは経験や知識があると思う。
ブログの絵に関する発信に触れられた人が、そこで得られた
知識などで少しでも面白い人生を送る為の付け足しになれば
幸いやわ。

 

良くなるヒントと絵の面白さ   

自己紹介2 

 

私は体の不具合部分などの影響で長い間とても体が
悪かったのですが、菜食主義者(べジタリアン)になり
食べる物や考え方が大きく変わり本当に大分具合が良く
なったわ。

体が悪いので長い間医者に通い薬を服用し、サプリメント
、健康食品、針、気功、カイロプラクティック、その他など多くの色々な治療
利用していましたが、数年前からほとんど医者に行か
ず薬やサプリメントなども全く利用していなくて
過ごせているねん。
そういう良い変化の原因はベジタリアンになった事が
大きいと感じる。

ベジタリアンになってから地球環境、人以外の苦しんでいる
生き物、動植物の事などに関心を持つようになり、
その為に少なからず良い方向の言動をしている。

地球環境が回復し地球
に暮らす生き物が少しでもに面白く生き生きと生きれたら良いと
思いますが、
私は実際にこの様な経験をしているからこそ話せる事
があると思う。

 

絵は本当に良いものだと思う。

「絵えやん」の美術に関するブログ記事に触れられた人が、

絵に興味を持たれたり描かれたりされ

人生をより面白く過ごさる付け足しになれば良いなと思う。

 

おまとめ 

 

現代の世の中(2020年代)は人の食、生活リズム、生き方
などが大分乱れていると思うわ。
人のその乱れた言動が地球や人や人以外の生き物を
傷めつけていると思う。

食べた物が人体の中で栄養などになり体の一部分になりますが
、言い換えると人は食べた物で出来ていると言えると思う。
残念ながら現代は食品添加物や農薬や大量の砂糖などの人体に良くない影響を与える
ものを使用した食品で溢れている。

それらの食品は食べた人の人体に何らかの悪影響を
与える様な気がする。 
何故悪影響を与えると言い切らないかと言うと、
それらの食品を食べて自分が目に見えて解るダメージ
を受けてい無い事があるから。
けれど実際にそれらを食べてみて何らかの体の違和感や
良く無い感じを何度も体験し、
他の人の色々な考えや知識に触れ、自分の直感もありその事
から考えてみた結果、それらの食品は体に良くない様な
気がするわ。

ですので体に正しく適した食べ物を食べる事は非常に大切やわ。
食べ物が体を作っているのだから、正しい食べ物を食べる
としっかりした行動と考えが出来てしっかり生きられる。
それだけ食べる物は重要だという事。
食べ物以外でも生活リズムや考え方や生き方の歪みから
しんどくなっている人が多くいる様に感じる。
現状はこの様な状況だけど理想の世界は全ての人が
面白くしっかりと生きれる世界やわ。

 

現在(2020年代)地球環境や地球上に住んでいる動植物、
その他の生物、人は人間の誤った言動によって大なり小なり
傷けられダメージを受けている。
そういう現状は明るくないですので、地球環境が回復しそれらの
生き物がその生き物らしく面白く生きられる世界になればいいなと思う。

 

絵を描いても描かなくてもどちらでもええけど、

それでも絵を見たり描いたり触れたりする事のメリットを上挙げると、
心が豊かになる、癒される、描くと描けると楽しい、
描いた絵を他人にプレゼントして喜ばれる
、絵が売れて収入になるなど多にも色々あると思う。

と言う訳で描かないより描く、描けないより描ける、
絵に関する知識や興味が無いよりはあると、人生に更に
面白いものが増えるかもしれないやん。

最後まで読んで頂いて有難うサンキュー39。

 

樫田真志=カシックス時給0円から

 

自己紹介2

タイトルとURLをコピーしました